AIUへの道(2014)

AIU生による受験ガイド「AIUへの道」
配布中!!
帰国子女の人ってどれくらいいるの?
AIUに満足してる? etc
こんな疑問や日程ごとの対策法、 面接の質問など情報盛りだくさん!!


下の画像をクリック!

          

プロフィール

AIU HIROMETAI

Author:AIU HIROMETAI
国際教養大学(AIU)を日本全国に広め隊!

学生目線のAIU
【Akita International University】
を日本全国のみなさんに伝えたい!

広め隊メールアドレス:aiunowa@live.com

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【受験生の】もう10月なんて言わせない!【皆さんへ】

2013.10.28 22:40|私(たち)が伝えたいこと
お久しぶりですー!
広め隊一年生のかーりーです!
秋田は寒くなってきました。正直かなり秋田の冬にびびってます。笑 
愛知との気温の差がすごいですね…

時期も時期なので、受験生のみなさんに伝えたいことを書きたいと思います!


もう受験生の皆さんは迫りくる入試へ向けて緊張が増してくるころだと思います…
気温が下がるにつれて受験本番を意識するっていう…そういう時期だった覚えがあります。
 また、11月を過ぎると周りの友達から徐々に大学が決まり始めて
焦ってくる時期ですね…指定校とか、推薦とか。私の出身校はほとんどのクラスメートが指定校推薦で大学を決めてしまったので一般入試を受ける私はかなり焦ってました。

 そんな受験生のみなさん、

私から言えることは少ないですが、

やっぱり 自分のペースで頑張ってください。

今の時期は、

 他と比べて焦ったり、返ってきた模試の結果に必要以上に落ち込んだり、不安になったり、やけになったり。突然うわーーーっとか叫びたくなったりね。あれ、私だけだったかもしれない。

そうやって、みんな苦しくなる時期なんです。苦しくない人なんていません。

 でもね、まだ10月です。先生たちが『もう10月』とかなんとか言うと思いますが、「まだ10月」ですよ、まだいくらでも努力できますよ。先生たちには私たちの限界なんてわかりゃしないんですよ。(笑)

自分の頑張りたいっていう気持ちにだけ一生懸命になって、「絶対にこの大学に入るんだ!」って思って、最後まで頑張れる人しか、合格できないって思います。ソースは私。笑

そしてそんな熱い皆さんに伝えたい、AIUは本当に楽しい大学です!きっと皆さんが想像しているよりももっともっと楽しい場所です。一生の友達と出会える場所です。奇跡みたいな出会いがいっぱいあります。私にはありました。

AIUを広め隊一同、本気でAIUに入りたい受験生の皆さんを先輩として待ち構えております(笑)頑張ってください。本当に本気で頑張ってください。
ぜひぜひぜひ、4月に会いましょう!

かーりーでした('_')! 
スポンサーサイト

コメント:

No title

こんばんは。

ガチでAIUに行きたいと思ってる高3です!!

あとセンターまで約80日?ぐらいですが80日もあるんか!(笑)と思って

4月にはAIUのみなさんの後輩になれるように死ぬ気で頑張ります!!!

Re: まさやさん

あと80日ですか!!
私もその時期にはかなりプレッシャーを感じていました…
でもね、まだ80日ですから!笑

がちで入りたいって言ってもらえて嬉しいです!私たちも入試が終わるまで応援し続けてますので、いつでもこののブログやFacebookに質問や相談しに来て下さい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

yu さん

yu さん
こんばんは^^ありーなです!
コメントありがとうございます^^

学校ではセンター対策、自宅ではギャップイヤー入試対策!と分けて勉強してました^^

センター試験の勉強もしなくちゃいけない!と焦ったこともありましたが、私は出願してから入試の日まで、自宅での勉強はギャップイヤー入試の対策ばかりしていました!
毎日何時間も活動計画書と向き合い疲れを感じた時に好きな教科のセンター試験の勉強をしてみる!とかリフレッシュ方法としてセンター試験の勉強をしたこともありました^^

そしてギャップイヤー入試が終わった日からセンター試験に向けて勉強を再開しました!

出願も始まり、不安になってくることも多いと思います!私もそうでした^^
何かあったら、またコメントください^_^
寒くなってきたので、風邪をひかないように気を付けてくださいね~^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメント削除しておきましたので、心配しないでください!

No title

国際教養大に受かる人はセンター英語で9割越えは当たり前ですか?

最低でもこのくらいは取らないとまずいってありますか?

Re: No title

どーも、一年の伊達です
多くの人が超えているとは思います。
やはり友達にセンターの話を聞くとAIU合格者のセンター英語平均点はかなり高いと思います。
しかし、中には八割程度という人もいますので、160点前後でも他教科の点数次第で可能性は大いにあると思います。 
また、A、B、C日程ともに必要教科数の少なさの関係からボーダーラインはかなり高めになります。英語の配点の高いA日程、英語しかないC日程はセンター英語は失敗したくないですね。逆にB日程は他教科と同じ配点になるので英語失敗しても可能性はあります。(この配点は昨年度のものなので、最新のものを必ず確認してください)
ただ、AIUの一般入試はセンター試験の配点が高いとはいえ、周りの友人の話を聞く限りではC、D、E判定で受かったという人がかなりいます。二次試験が他大学と大きく異なる形式のため、二次対策の練度でセンターの判定を覆すことは十分可能だとおもいます。実際私もD判定合格です。
最低でもこのくらいというのを指摘するのは難しいですが、AIUの二次試験を突破する英語力があるなら8~9割は自ずととれると思います。
センター試験は失敗が許されないので、体調管理や試験中の緊張などに振り回されないで自分の最大限の力をだせるように挑んでください。持ってる実力を出せないことは大変悔しいものです。僕は現役の時緊張と疲れから集中力が切れ、浪人時は英字書かれた服着たために暖房の中コート着て汗だくで試験受けました。(笑)
持てる力を発揮する状態をつくるのも実力の一つです。
勉強頑張ってください。

No title

2次試験の英作文の対策はいつごろ始めましたか?
あとどのくらいのペースで書いていたか、添削方法など教えていただけたら幸いです!!宜しくお願いいたします<m(__)m>

あと、もしよければ英作文のコツ?などそのほかいろいろ教えていただけたら嬉しいです!!!

Re: No title

かーりーです!
英作文についての質問をされた方>
対策を始めた時期はみんなそれぞれ違いますが、私は早めの対策をお勧めします。センター試験が終わってから、なんて土壇場の準備では身に付くスキルも精神的な支えも十分には得られません。普段のセンター試験対策と並行して250~350語程度の英作文を書く練習をするといいでしょう。何人かの同期に英作文対策について聞いたところ、みんな週に1~3回のペースで練習をしていました。使っていた教材はAIUの赤本とTOEFL IBTのライティングセクション、という意見が過半数でした。自分が書いた英作文の添削ほど難しいことはありません。学校にいる外国人教員の方や、英語の先生に添削を頼んでみると良いと思います。実際に、同期に添削について尋ねてみるとほとんどの生徒が添削を先生に定期的に頼んでいました。自分が書いたものを客観的に添削するのはとても難しいので、英語に対して見地がある先生方に頼んでみるのが良いと思います。

コツというほどのことではないのですが、英作文に求められていることは内容の充実というよりも、『論理的構成』のほうだと思います。いかに自分の意見をクリアにしてイントロダクションに導入できるか、いかに以下のボディーパラグラフで自分の意見をサポートできるか、そしていかに包括的に結論づけられるか。これは英語だけではなく日本語の小論文にも言えることでしょう。英作文全体を論理的にまとめることを意識して、書いてみてください。書く前にイントロダクションからコンクルージョンまでのアウトラインを書いてみるといいと思います。また、アウトラインの書き方から含めて、250~350語という語数に慣れる練習を継続的にしてみてください。語数に慣れることができれば、本番も焦らずに、冷静に構成を考えられます。

十分な準備は自分を精神的に支えてくれます。今からでも遅くないので、ぜひ練習を始めてください。がんばってくださいね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

みーさん

実際に自分が受講したことがあるわけではない、また担当教授によって扱う内容が異なるので
絶対にとは言い切れませんが、国際関係学のシラバスを読む限り環境やジェンダーのトピックはこの授業では扱われないようです。
トピックとしてはペロポネソス戦争(アテネやギリシャの時代)から冷戦にかけてのさまざまな国々の外交関係や国際関係の変化をケーススタディを元に学ぶみたいですね。なので名前の通り「国家間の関係」を学ぶのが国際関係学のようです。

もし環境やジェンダー(マイノリティー)に興味があるのでしたらそれを扱った授業「気候変動学」や「アメリカにおけるマイノリティー」の授業があります。一度大学のパンフレットやホームページで確認いただけたらと思います!

お忙しい中、ありがとうございます!!
受験に向けて頑張ります!!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。