AIUへの道(2014)

AIU生による受験ガイド「AIUへの道」
配布中!!
帰国子女の人ってどれくらいいるの?
AIUに満足してる? etc
こんな疑問や日程ごとの対策法、 面接の質問など情報盛りだくさん!!


下の画像をクリック!

          

プロフィール

AIU HIROMETAI

Author:AIU HIROMETAI
国際教養大学(AIU)を日本全国に広め隊!

学生目線のAIU
【Akita International University】
を日本全国のみなさんに伝えたい!

広め隊メールアドレス:aiunowa@live.com

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員試験とAIU生

2014.11.08 17:55|私(たち)が伝えたいこと
皆さん、お久しぶりです! 
七期生のくらっしーです。ずっと記事を書くことができなくてすみませんでした!
久しぶりすぎて、私のことをもう覚えてない方が大半だと思いますので、
まずは簡潔に自己紹介させていただきます。
その後、AIU生が公務員を目指すことについて自分の経験を踏まえて書きたいと思います。
公務員になることに興味のある受験生はぜひ読んでください。

続きを読む >>

スポンサーサイト

なぜ英語もそこまで上手でなく成績も特別良いわけでもない私が無事に就職活動を終えることができたのか。

2014.09.17 13:26|私(たち)が伝えたいこと
こんにちはマックスです。お久しぶりです。

えー胡散臭い自己啓発本みたいなタイトルですね。こんな本あったら僕は絶対買いません。
あまり広め隊のブログでは話されない(多分)就活の話です。
超聞きたい人も、全然興味無い人も、とりあえず見てみてください。
ほぼ全ての人が将来就活に挑みますから。

続きを読む >>

初めての海外で実感したこと

2014.09.09 23:08|私(たち)が伝えたいこと
みなさん こんばんは!!
10期隊員の みっけ です。



小学生よりも短い たった1ヶ月だけの夏休みが あっという間に終わってしまい
いよいよ秋セメスターも始まって,
みんなが 授業に、部活に、委員会に、課題にだんだんと忙しくなってきたこの時期。

ちょっと夏休みを振り返って見たいと思います。

夏休みに行った海外で感じた 日本という国の素晴らしさ について...

続きを読む >>

英語力のものさし

2014.08.30 14:38|私(たち)が伝えたいこと
こんにちは!
すーーごくご無沙汰してます、Kodyです。
一年間のスウェーデン留学から二か月前に帰国いたしまして、
その後、日本とカナダで夏休みを満喫して、いよいよ明日秋田に向かいます(山入り)

今回の記事は最近思うことについて。。。
英語ができるできない/すごいすごくないってどうやってはかるんでしょう?

気になる方は追記にて!

続きを読む >>

原点回帰!広め隊の歴史まとめてみた!

2014.05.21 19:25|私(たち)が伝えたいこと
ドイツの留学も残すところあと2か月となりました、8期のぽよです!!
留学中はいろんなことを悩んだり、考えたりしてきましたが、迷った時はいつでも初心に戻ることを心がけています。

そんな中、ふと広め隊の原点ってなんだったのかなと気になるようになりました。
国際教養大学は今年で開学11年目、広め隊もかれこれ10年も続いている団体なんです!

本当は提出もうすぐのエッセイを書かなければいけないのですが、ブログ記事を書きたくなっちゃったので勝手に広め隊の歴史をまとめて書きたいと思います!!

続きを読む >>

卒業式を迎えて。

2014.03.24 20:27|私(たち)が伝えたいこと
こんにちは、お久しぶりです。6期生のKazuです!
投稿するのが実に3、4年ぶりなのではと思われるのですが、卒業前最後にというリクエストもありまして、今回書く事にしました!

3月21日に卒業式を迎えた自分に、何が書けるかと考えていたのですが、やはり4年半の学生生活を振り返って入学したての自分と、今の自分を比較して変化したことについて書こうと思います^^

簡潔にいうと、今大学を卒業して社会にでる自分はまるで一人歩きできるようになった赤ちゃんのようだなぁと思います。自分の足で達行動し、考え、そして言葉を発することができるようになった。それくらいの進化を、僕は大学でしたように感じます。


<コミュニュケーション>
一番最初にでるはやっぱり"英語"ですね。こおまで言語を自由に使えるようになったのは本当にAIUでの醍醐味です。挨拶やちょっとした話しかできなかった僕が、今や論文を書いたり、英語に接するのに全く抵抗がないレベルまで来れました。寧ろ、英語を話すと少し人格すら変わって英語を話していないと完全な自分でいれないような感覚にすら陥ります。

ここで強調しておきたいのは、もっともわかりやすいのが英語であって、英語が最も大きなコミュニュケーションの変化ではなかったです。僕の場合ですが、「好きな人が増えました」。入学当初の僕は、自分の偏った価値観からでしか人や世界を見れておらず、嫌いな人で一杯でした(とんだ勘違いなやつですねw)24時間一緒に居るAIU生と、日常のことから、学術的なことまで議論することで世界が広がりました。そこが日本人だけではなく、海外の学生、教授の方がいることによって「もう、何でもありじゃん!」とさえ思えました。また24時間共に過ごすことによって、本当に一人一人の努力をみることができて、自分がいかに人を側面的にしかみていなかったのか、そして誰からも学び得るのだと強く実感していました。留学での大きな挫折も、自分自身が謙虚になる機会でした。「留学前は仲良くなれないと思ってた」と言われる程ですw(すごいやなやつだったんでしょうねw)

様々な人を好きでいる事、そして理解するができるようになりました。




頑張ってきた自分とこれからの未来

2014.02.14 03:05|私(たち)が伝えたいこと
みなさん こんばんは!
  みっけ です(^O^)

今日、2014年2月14日は 

中嶋嶺雄前学長の1周忌 です。

この国際教養大学を立ち上げ、未来を担う僕たち若者に すばらしい学びの場を提供してくださった 中嶋前学長。

日本の大学という高等教育の場において、今までにない新しい風を吹き込み、多方面においてその多大なる影響を与えてきた 中嶋前学長。

そんな彼の突然の訃報は 学生を始め、多くの人に衝撃と悲しみをもたらしました。


あれからもう1年が経ってしまいました。 



僕たち学生にとって忘れることのできない、そしてまた忘れてはならない大切な日です。

中嶋前学長のご冥福を祈るために 広め隊隊員はもちろんのこと、教員、学生、スタッフ国際教養大学にかかわるすべての人 国際教養大学全学において 2月14日の正午12時に黙祷をささげます。


このブログを見てくださっている方も 黙祷にご協力いただけたら と思います。

努力は裏切らない

2014.01.25 01:22|私(たち)が伝えたいこと
とは限らない

こんばんは!したっけです。
まずは受験生のみなさんセンターお疲れ様でした!!

これからは2次試験に向けて突き進むだけですね。
そんなことを含めて書きたいと思います。
文頭のことについても書いていきますね^^

続きを読む >>

ぶれない心

2013.12.18 22:25|私(たち)が伝えたいこと
こんにちは、ぽよです!

ぎゃー!センター試験まで残り30日となりました!!!
みなさん準備の方はどうですか?

私が、センター試験を受けたのは2011年度なのでもう3年も前の話になるんですねー
私は愛知出身なんですが、普段降らないのにセンター試験の日に限って降ったりするんです。緊張であんまり覚えていませんが!

今日ぽよが伝えたいのは、タイトル通り「ぶれない心」!

受験の時期は感情が不安定になりやすいと思います
毎日毎日、これからやってくるセンター試験の対策、そのあとの二次試験の心配・・・・。
気疲れしますね!

受験勉強が嫌で
何度も何度も逃げ出したくなりました

本当は国際教養大学に行きたいのに、その難易度を恐れて、頑張ることに疲れて
「実はこっちの大学の方がいいんじゃないか」なんて目移りしたり

もちろんすぐに心はAIUに戻ってくるのですが・・・

“キミの夢が叶うのは
誰かのおかげじゃないぜ
風の強いを選んで
走ってきた”

私が受験の時に一番聞いていた曲はthe pillowsのFunny Bunnyです
この歌詞を聞くたびに受験って自分との戦いなんだなと思いました

続きを読む >>

まずは「一歩」踏み出そう。

2013.12.06 23:39|私(たち)が伝えたいこと
こんばんは、したっけです!

今日は特別選抜入試の結果発表でしたね。結果は人それぞれ、落胆する人もいれば、喜びに涙する人もいたでしょう。合格した方はまずは一安心ですね。
今回は残念ながら不合格となった方に向けて書きたいと思います。

僕自身は「推薦」合格、「A日程」合格だった身です。

微力ながら少しでも助けになればとこれを書いている次第です。

推薦入試を受けたときは、さほど緊張もしてなかったし、言いたいことは伝えられて、小論文もしっかり書けたので正直合格しただろうと思っていました。

しかし、結果は不合格。

2、3日は勉強が手につきませんでした。夜寝ようとしても「なぜ自分が落ちたのか?」「このままで大丈夫なのか?」など不安が頭をよぎりなかなか寝つけませんでした。推薦入試を受けようと決めたときに、こうなったときのリスクは覚悟の上でした。しかし、実際にその状況に陥ってしまうとそうも簡単に受け入れられることはできませんでした。

しかし、センターまでの日数は刻一刻と減っていくばかりです。とりあえずペンを握り勉強をする毎日が続きました。そんななかで励みになるのはやはり一緒に頑張る「友」や自分の状況を汲み取り、常に応援してくれる家族でした。
それらを励みにセンター試験まで突っ走りました。

センターは失敗したわけではありませんでした。むしろA日程のときはセンターでは上位にいたつもりでした。
しかしこれもまた不合格。さすがに凹みました。2度も同じ大学から突き返されたのですから。もう別の大学に行こうと思い、そのことを両親にも話しました。両親は反対はしませんでしたが、やはり自分が踏ん切りをつけられないのを悟ったか、AIUをもう一度志望する気概を与えてくれました。

そのおかげもあり、エッセイはこれまでにない努力をし、本番で最高のものを書くことができました。

そして今に至ります。

今の自分がどうであれ、自分の努力次第で未来は変えられます。常に先を見据えてください。今日の一歩は小さくても、進み続ければいつかはゴールに辿りつきます。そのゴールが近くにある人もいれば、遠くにある人もいます。その距離を縮めたければ歩み続けるしかないのです。

まずは「一歩」を踏み出しましょう。

陳腐な言葉ですが、これを僕からのエールにしたいと思います。


一歩踏み出せば一歩近づく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。